サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型MINIクラブマンに箱根で試乗。上級移行で走りはより大人っぽく

ここから本文です

新型MINIクラブマンに箱根で試乗。上級移行で走りはより大人っぽく

新型MINIクラブマンに箱根で試乗。上級移行で走りはより大人っぽく

写真はMINI クーパー クラブマン

落ち着きのある大人っぽい走り

走りはひとことで、ステキだ。味つけにおいては、ロールを抑制した“いつものゴーカートフィール”を意図した形跡は強く、ステアリングの反応も鋭い。しかし、たっぷりとしたホイールベースとトレッドで、走りのリズムは大人っぽく、とにかく動きがしなやかで落ち着き払っている。さすがはCセグ。いかにも基本キャパが大きい。

クラブマンでも、エンジンと車名の相関はほかのミニと同じ。「クーパーS」が2.0リッター4気筒(192ps/280Nm)、「クーパー」が1.5リッター3気筒(136ps/220Nm)で、ともに同じくターボ過給である。

クーパーの1.5リッターは自然吸気2.0~2.2リッター級の性能なので、Cセグでも走りは十二分に活発だが、スポーツモデルというより、よくできた実用グレードっぽい。静粛性も素ミニより優秀な印象だ。乗り心地や操縦性は後述するクーパーSと基本的に大差ない(今回の試乗車が両グレードともオプションの18インチ+可変ダンパー装備だったことは念頭に置く必要はある)が、なるほどハナの軽さは明確。ドシッと落ち着いたロングホイールベースに、軽快に反応するハナ先との組み合わせは、ミニにかぎらず、ほかでもあまり味わえない独特感はある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら