現在位置:carview! > 編集記事 > ランキング

ここから本文です

編集記事・アクセスランキング

1

最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?

最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
いま巷でもっとも注目を集めている1台と言えば、プラグインハイブリッド時代の本格的な幕開けとなりそう...
2017.3.24 | コラム
2

アウディ A3セダンMC版に試乗。中年男子のダンディズムに応えてくれる一台

アウディ A3セダンMC版に試乗。中年男子のダンディズムに応えてくれる一台
アウディのCセグメントを支えるA3がマイナーチェンジ。今回はそのベーシックグレードである「1.4 TFSI」...
2017.3.22 | 試乗
3

レクサス渾身のフラッグシップクーペ「新型LC」がついに発売

レクサス渾身のフラッグシップクーペ「新型LC」がついに発売
3月16日、新世代レクサスの幕開けを象徴するフラッグシップクーペ「新型LC」が発売された。価格はガソリ...
2017.3.16 | フォト
4

新型BMW 5シリーズ ディーゼルに試乗。各所にEクラスを上回る一面も

新型BMW 5シリーズ ディーゼルに試乗。各所にEクラスを上回る一面も
約45年間にわたる歴代5シリーズの累計販売台数は、1970年代の初代や2代目は70万台強の販売台数だったが...
2017.3.20 | 試乗
5

中古で買ったプレマシー、「あと10年乗ります計画」発動!

中古で買ったプレマシー、「あと10年乗ります計画」発動!
ある一家の大黒柱、リューイチさん(40歳)は悩んでいた。この春から小学校に通うひとり娘のみーちゃん...
2017.3.17 | 試乗[PR]
6

中国メーカーが新型プラグインHVのインプレッションを依頼してきた

中国メーカーが新型プラグインHVのインプレッションを依頼してきた
中国の電気自動車メーカーとして知られる「BYD(ビーワイディー、中国語表記は比亜迪)」を取材した。取...
2017.3.21 | コラム
7

豪華絢爛ジュネーブMSからガラスの工場へ、クルマ界のミライを探る

豪華絢爛ジュネーブMSからガラスの工場へ、クルマ界のミライを探る
クルマ界はいま、大きな変革期を迎えている。内燃機関から電動パワートレーンへ、運転は人からオートメ...
2017.3.23 | コラム
8

ゴルファーたるもの風を感じよ!あえてのミニ・コンバーチブル

ゴルファーたるもの風を感じよ!あえてのミニ・コンバーチブル
ゴルファーにとって、移動の足としてクルマは必需品です。ゴルフ場でどう見られるのか、積載性はどうか...
2017.3.23 | コラム
9

買いたくなるデザインの車が最近の国産車にはない? ならば「ちょっと古い欧州車」でどうだ!

買いたくなるデザインの車が最近の国産車にはない? ならば「ちょっと古い欧州車」でどうだ!
IoT(InternetofThings)やVR(仮想現実)、ブロックチェーン(ビットコイン=仮想通貨の中核技術)等々...
2017.3.22 | コラム
10

新型ディスカバリーで初体験レベルの悪路を走破。快適性や使い勝手も十分

新型ディスカバリーで初体験レベルの悪路を走破。快適性や使い勝手も十分
新型ディスカバリーはかれこれ5代目だ。初代と2代目、それから3代目と4代目はそれぞれ同じ骨格のまま進...
2017.3.18 | 試乗
11

フェラーリ GTC4ルッソ T日本上陸。V8ターボにダウンサイズ&FR仕様に

フェラーリ GTC4ルッソ T日本上陸。V8ターボにダウンサイズ&FR仕様に
フェラーリ・ジャパンは3月16日、昨秋のパリモーターショーでワールドプレミアしたフェラーリ GTC4ルッ...
2017.3.16 | フォト
12

環七の自転車レーンはアレで安全なのか? 自転車を本気で考えよう

環七の自転車レーンはアレで安全なのか? 自転車を本気で考えよう
最近、またまた増えつつある自転車専用レーン。露骨に自転車が増えてるようだし、事故を含めて社会問題...
2017.3.19 | コラム
13

レクサスLC試乗。国産ラグジュアリークーペの実力は?

レクサスLC試乗。国産ラグジュアリークーペの実力は?
レクサスからクールな高級クーペ「レクサスLC」が誕生した。フェラーリ、ポルシェ、ベントレー、アスト...
2016.12.9 | 試乗
14

新型プリウスPHVにはスタンダードなプリウスには無い魅力がてんこ盛り

新型プリウスPHVにはスタンダードなプリウスには無い魅力がてんこ盛り
先代が思うように売れなかったからか、造り手の気合いが入りまくっている新型プリウスPHV。いまだ、燃料...
2017.3.6 | 試乗
15

自動運転で事故が起きたら誰が責任を負うのか考えてみる

自動運転で事故が起きたら誰が責任を負うのか考えてみる
日米欧の各国では自動運転の先陣争いが起きている。少し前まで技術の競争が目立っていたのは、各種セン...
2017.3.17 | コラム
※carview!の編集記事アクセス数(2017.3.25)を元に集計

日本最大級のクルマ情報サイト carview!