サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > C-HR、ヴェゼルに加え、CX-5、UXが好調でSUV市場が拡大【ボディタイプ別売れ筋・3月】

ここから本文です

C-HR、ヴェゼルに加え、CX-5、UXが好調でSUV市場が拡大【ボディタイプ別売れ筋・3月】

コンパクト/ハッチバック:首位ノート、詰め寄るアクア

ハッチバック/コンパクト市場は、前月から約36%増の11万3911台が登録され、登録乗用車全体に占めるシェアは35.6%と、全体の1/3を上回っている。そのなかの一番人気は「日産 ノート」。最需要期ということもあり、登録台数は1万6647台に達し、単純計算で1日に530台以上(!)も売れた。そのうちの65%を電動駆動車の「e-POWER」が占めている。

ノートと直接のライバル関係にあるハイブリッド車の「トヨタ アクア」は、前月比41%増とノートを上回る伸び率だったが、台数は1万5874台とノートに一歩及ばず2位に落ち着いた。

3位は1万977台を登録した「トヨタ ヴィッツ」。ヴィッツにもハイブリッドが設定されるが、車両価格が180万台超と高額なためか、全体に占める割合は23%と高くない。4位「ホンダ フィット」も1万台を超え、こちらはハイブリッド比率が47%と約半数を占める。このように販売上位を電動駆動/ハイブリッド車が占めたが、購入者の傾向は車種によって異なるようだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ