サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > トヨタ86大幅改良を速攻試乗。BRZを上回る質感向上だが課題もある

ここから本文です

トヨタ86大幅改良を速攻試乗。BRZを上回る質感向上だが課題もある

落ち着きと滑らかな操作感を両立するステアリング

今回のビッグマイナーでは、トヨタは86にもう少し落ち着いた印象を与えるような感覚を盛り込んだ。ハンドル操作に対して、これまでよりも落ち着きを伴いながらクルマが動くようになった。質が上がった感じがある。そしてこちらも、滑らかにハンドルがスッと回るのだ。しかも、BRZ以上と思える滑らかさで。

時を経て、2台は乗り味走り味に、落ち着きを感じさせるとともに滑らかなハンドルの感触を盛り込んだ。これが何を示すのかといえば、走りにおいてより高い質を感じさせる方向性は同じだということだ。以前のBRZのように落ち着き過ぎるのでなく、86のようにキビキビし過ぎるのでもない、クルマを落ち着かせ、優れた感触は伝え、操作した分だけ素直に動かす…そんな方向性に決着したといえるだろう。

ユニークなのは、そこにたどり着くために、トヨタとスバルは同じクルマでありながらも違うアプローチをしてきた点だ。トヨタの場合は特に今回、ニュルブルクリンク24時間レース参戦で鍛え続けてきたことから得たノウハウを、86KOUKIに存分に盛り込んできた。

中でも印象的なのは、空力に徹底してこだわっている点で、ハンドリングの向上にまで寄与させている辺りが実にユニーク。しかも単なるエアロパーツだけでなく、ステアリングコラムやフロントガラス等にアルミテープを貼ることによってボディの帯電をなくし、これによってボディから気流が剥離しにくくするという謎の技術(トヨタは今後これに関して記者発表や説明会を行うという)も用いている。そうした話を聞くと、この辺りの空力がBRZ以上のしっとりとした操舵感を生んでいるのか? とすら思える。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します