サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > トヨタ86大幅改良を速攻試乗。BRZを上回る質感向上だが課題もある

ここから本文です

トヨタ86大幅改良を速攻試乗。BRZを上回る質感向上だが課題もある

メカは同一、違いはセッティングで結果は…

ちなみに登場当初は、86とBRZではフロントのスプリング・レート等が異なることで、ハンドリングの味付けが顕著に異なっていた。しかし今回、メカニズム的にはほぼ同じものを用いており、スプリングやスタビライザーも同じものを用いているという。

では違いは何かといえば、ショックアブソーバーのセッティングと電動パワーステアリングの制御とのこと。つまりメカは同一ながら調整できる部分でのセッティングが異なるのみということなのだ。

そしてこの点に関しては、トヨタとスバルで開発は共有しておらず、互いの考え方でセッティングしている、というのだから余計に面白い。なぜならそれぞれに開発を行なってきたにもかかわらず、結果的に同じような方向性に落ち着いたからだ。

そもそもBRZは、86と比べたときに乗り味走り味が安定志向であり、落ち着きを感じた。例えば高速道路をまっすぐ走っているときでも、車線変更等でハンドルを切ろうとすると、ハンドルはどっしりと落ち着いていて(それだけに直進性がしっかり感じられて)、手にある程度の抵抗感があってから回る感じだった。

しかし今回のビッグマイナーで、スバルはBRZにさらなる落ち着きを与える一方で、ハンドルは直進から滑らかに動くような味付けとしている。以前のようなどっしり感(=抵抗感)はなくなり、それでも不安感はなく、滑らかにハンドルがスッと回る感じになった。

一方で86は当初、BRZよりもキビキビした感じで、ハンドルを回すとすぐに反応するタイプだった。悪く言えばフロントに落ち着きがない感じも受けたが、それがゆえにクルマの向きがキビキビ変わって楽しさと元気の良さが強く感じられたわけだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します