サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > FRらしさと安定感を両立する後期型86。アルミテープの謎にも迫る

ここから本文です

FRらしさと安定感を両立する後期型86。アルミテープの謎にも迫る

FRらしさと安定感を両立する後期型86。アルミテープの謎にも迫る

GT“リミテッド” 6MT(ボディカラー:アイスシルバーメタリック)

すでにZENKI最終モデルでFRらしさと安定性を両立

もっとも、86とBRZはタイヤも含めたハードウェアがまったく共通だから、理論的な限界値は86もBRZが同じはずである。なのに発売初期は「BRZのほうが安定性が高い」との論調が多かった。

発売から少し経過したころ、トヨタ側のチーフエンジニアである多田哲哉氏にお会いした。そうした論調が主流であることを受けて、氏から「メディアの連中は分かっていない!」といった主旨のお叱りを受けたことをおぼえている(もっとも、実際の多田氏は優しい人柄で、実際の表現はもっとソフトだったが)。

しかし、発売初期のそうした86特有のクセは、年次改良ごとにみるみる改善されていった。私も初期の86に「不意に後輪が滑っちゃって、ちょっと怖い」と思ってしまった乱暴運転タイプのひとりだが、ZENKIの最後にはそんな不安感もまるでなくなっていた。

本格的な走りについては、河口まなぶさんのサーキット試乗レポートを参照いただきたいが、今回のKOUKIでは、年次改良で追求されてきた安心感に、さらに拍車がかかった印象である。FF車から乗り換えた一発目の操舵から、本格FRスポーツカーらしい鋭いレスポンスにゾクッとするものの、リアが安定感を失うことはまるでない。もちろん無謀な運転への許容度が高いタイプではないが、リアタイヤの外側に見えない壁ができた…という感覚はある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します