サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 70万円高くてもマツダ3を買うならスカイアクティブXで。スペックは平凡なのに欧州車を凌ぐプレミアムな世界がある

ここから本文です

70万円高くてもマツダ3を買うならスカイアクティブXで。スペックは平凡なのに欧州車を凌ぐプレミアムな世界がある

70万円高くてもマツダ3を買うならスカイアクティブXで。スペックは平凡なのに欧州車を凌ぐプレミアムな世界がある

マツダ3 ハッチバック SKYACTIV-X(with マイルドハイブリッド)※欧州モデル

燃費やパワーの数値は控えめなのにガソリン車の70万円増し!

欧州仕様のパワースペックは180ps/6000rpm、224Nm/3000rpm。国内仕様のSKYACTIV-G 2.0が156ps/6000rpm、199Nm/4000rpm、SKYACTIV-D 1.8が116ps/4000rpm、270Nm/1600-2600rpmだから、SKYACTIV-G 2.0と比べるとパワーもトルクも上。SKYACTIV-D 1.8との比較ではトルクこそ及ばないがパワーは5割以上高い。

そうはいっても、SKYACTIV-Xは決してスポーツエンジンではない。たとえばゴルフGTIの2Lターボ(230ps/350Nm)と比べるとスペック的にも、サウンドを含めたフィーリング的にも大人しめだ。スポーツ性を期待して購入すると、ちょっと違うかな? となる可能性が高いことは留意しておいたほうがいい。

一方、燃費もWLTPモードで6.3L/100km、新NEDCモードで5.3L/100kmと、常識的なレベルに収まっている。そう、世界中の技術者が夢見た究極の内燃機関ではあるものの、飛び抜けて速いわけでもなく、かといって飛び抜けて燃費がいいわけでもない。ここが商品として眺めたときのSKYACTIV-Xの難しいところだ。

アウトバーンと一般道を使った今回の試乗コースでの燃費データを示すと、同じマツダ3の6速MTで、SKYACTIV-G 2.0が16.4km/L、SKYACTIV-Xが19.2km/Lと、17%の向上をみた。エンジン開発に携わるエンジニアであれば、よりパワフルなエンジンで17%も向上したのはさすがSPCCIだ! と賞賛するだろう。しかし20km/L超えのハイブリッド車を見慣れた日本のユーザーにしてみれば、たった17%? となる可能性も高い。

そこでキーになるのが価格だ。「SKYACTIV-XのコストはSKYACTIV-DとSKYACTIV-Gの中間ぐらい」というコメントを受け、プロトタイプのレポートではSKYACTIV-G 2.0の20万円増しと予測した。Mハイブリッド、スーパーチャージャー、筒内圧センサーといった高価なパーツを使っているのにホントかなぁという疑念もあったが、マツダがそういうのだからそうなのだろうと思っていたのだが、蓋を開けてみるとSKYACTIV-Gの70万円増し。予想外という想いと、やっぱりねという想いが交錯した。音対策にかなりのコストをかけた結果だとしても、あと20~30万円安ければ説得力はかなり増したと思う。

とはいえ、もし僕がマツダ3を買うとしたら、それでもSKYACTIV-Xを選ぶ。その理由は次のページで。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します