サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

ここから本文です

セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

LS500“エグゼクティブ”(AWD)

絶対的な動力性能は文句なしだが改善の余地もあり

LS500が積む3.5L V6ツインターボエンジンは軽快な吹け上がりが特徴だ。10速ATのリズミカルな変速と軽い吹け上がりの組み合わせは、2トンを悠に超えるボディを軽々と加速させていく。最新のターボエンジンらしく中低速トルクも太いため、普通に走っている限り3000rpmぐらいまで回せば十分以上の加速が手に入るが、せっかくならたまには思い切り加速させてあげたい。上まで引っ張ったときのクォーーンというサウンドは爽快だし、トップエンドに向かって一直線に伸びていくフィーリングも抜群に気持ちいい。LC500の5L V8(477ps/540Nm)のような豪快さはないものの、時代の要請、つまり燃費と動力性能のバランスを考えれば、確実な前進をしていると評価したい。

ただし、レクサスが狙うエモーショナルな価値を含めて評価すると、課題も残されている。なかでも喫緊の課題となるのが回転フィールの粗さだ。常用回転域でも、アクセルを踏み込むとステアリングやシートやペダルを通して微振動が伝わってくる。絶対的なレベルでは十分滑らかなのだが、V8エンジンからの置き換えであること、また1500万円クラスのハイエンドサルーンであることを考えると不満が残る。同じ6気筒でも、シルキー6と呼ばれるBMWの直列6気筒あたりと比べてしまうと、若干の雑味が残っているのだ。絶対的な動力性能や燃費では文句なしのレベルに達したものの、重みとか艶とか息遣いとか、そういったフィーリング面には改善の余地があると報告しておこう。

同じことがハイブリッドにも言える。車重に対してモーターのトルクが控えめなため、アクセルを少し深めに踏み込むとすぐにエンジンがかかるのだが、そのとき聞こえてくるエンジン音が結構大きめなのだ。効率という点では現状がベストなのだろうが、レクサスのフラッグシップモデルであることを考えると、もっと余裕が欲しい。たとえばモーターの出力を高めてEV走行領域を拡げれば、ラグジュアリー感と先進感をグンと引き上げられると思う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します