サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

ここから本文です

セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

LS500“Fスポーツ”(2WD)

5代目 LSから浮かび上がってくるレクサスの「志」

1989年にブランドを立ち上げ、2005年には日本でもビジネスをスタートさせたレクサス。そのフラッグシップとなるのが、この5代目LSである。

フラッグシップとは、そのブランドの、いちばん豪華で高性能で高価なモデルという理解が一般的だ。けれどそれだけでは真のフラッグシップになれない。そのブランドがもつ最新の技術や装備を投入するのは当たり前であって、大切なのはその先にある「志」。どんなブランドなのかを強烈にアピールできてこそ、真のフラッグシップたり得る。メルセデス・ベンツのSクラスがそうであるように、ブランドの実力とキャラクターを内外に示すと同時に、他のメルセデスのメートル原器となることが求められる。

そんな観点で新型LSを眺めると、あるひとつの「志」が浮かび上がってくる。それは、長年レクサスが戦ってきた「トヨタ車となにが違うの?」という問いかけに対する回答でもある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します