サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

ここから本文です

セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

LS500“エグゼクティブ”(AWD)

志を体現する2種類のパワートレインを新開発

エモーショナルなプレミアムブランドを目指すからには、走りにおいてもエモーショナルでなければならない。その切り札として新たに開発されたのが2種類のパワートレインだ。ひとつはLS500hが積む自然吸気式3.5L V6ハイブリッド。スペックはエンジンが299ps/356Nmで、モーターが180ps/300Nm(システム最高出力は359ps)。JC08モード燃費は14.4~16.4km/Lをマークする。

そしてもうひとつが、今回主に試乗したLS500の3.5L V6ツインターボで、スペックは422ps/600Nm、9.5~10.2km/Lとなる。走りと燃費の高い次元での両立を狙ったLS500hのハイブリッドに対し、LS500のV6ツインターボは明確に走りを志向している。

エンジンの印象をレポートする前に、まずは足回りの報告から始めよう。試乗したのはショーファードリブンを意識した最上級仕様のLS500hエグゼクティブ。今回からロングホイールベース仕様がなくなり1ボディタイプとなったが、後席は至極快適だ。なかでも特等席は後席左側。ヘッドスペースも十分だし、ワンタッチで助手席をスライド&フォールドする機能やオットマンを使えば足を組んでゆったりと寛げる。おまけにマッサージ機能の優秀さといったらもうただ者じゃない。いまやドイツ車のシートにもマッサージ機能が付く時代になったが、2つ重ねの空気袋はまるでモミ玉のような強モミをしてくれる。22WAY(!)の電動パワーシートとあいまって、まさに極上のリラクゼーション空間を提供してくれる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します