サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

ここから本文です

セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

セルシオ的な価値観と袂を分けた新型LSは大いなる可能性を秘めている

LS500“Fスポーツ”(2WD)

大胆にして魅惑的なモデルへと導いた「エモーショナル」への想い

新型LSのルックスは驚くほどスポーティーだ。ボディとの一体感を増した迫力のスピンドルグリル、フェンダー部の肉感的な膨らみ、美しい弧を描いたルーフライン、強く傾斜したフロント&リアピラー、コンパクトなキャビン、大きなタイヤ・・・どこから眺めても一般的なハイエンドサルーンとは一線を画すスピード感を伝えてくる。LSの仮想敵はメルセデス・ベンツSクラス、BMW 7シリーズ、アウディA8といったドイツのハイエンドサルーンだが、スポーティー感、パーソナル感の強さはLSがダントツ。運転はお抱え運転手に任せ、自分は後席で寛ぐような使い方はもはや想定外だと思えるようなデザインだ。そういう使われ方もされるだろうに、本当に大丈夫なの? と心配になるが、後席の快適性については後ほど報告しよう。

ハイエンドサルーンを大胆なまでにスポーティーに仕上げる。本来なら、Sクラスに対して7シリーズやA8がとるべき戦略である。しかしBMWもアウディもそこまでの冒険には出ていない。そういう意味で、新型LSは、これまで誰もがチャレンジしてこなかった領域に足を踏み入れてきたと言える。

その背景にあるのが「エモーショナル」という価値の追求だ。レクサス開発の最前線にいる人たちから事あるごとに出てくるのが「レクサスを世界でもっともエモーショナルなプレミアムブランドにしたい」という言葉。新型LSは最新のGA-Lプラットフォームを使っているが、ひとあし先に同じプラットフォームを使った魅惑的なクーペであるLCをデビューさせたのも、レクサス=エモーショナルなブランドというイメージを与えるための戦略だ。

エモーショナルという価値に対するレクサスの想いはかくも強烈であり、それはLSを大胆にして魅惑的なモデルへと変身させた。そろそろ実車が街を走りはじめた頃だが、ボディに街並みを映し込みながら走るLSの姿はとても魅力的だ。先日、夕闇迫る丸の内界隈でLSを目撃したが、先代までのLSには感じられなかったオーラに圧倒されてしまった。言うまでもなく、ハイエンドサルーンにとってオーラはもっとも大切な魅力のひとつだ。LSを心の底からカッコいいなと思ったのは初めてだし、オーラの強さにおいてもSクラス、7シリーズ、A8にぜんぜん負けていないなとも思った。これは、日本の高級車としてはそうとう画期的なことである。