サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > カービューロードスター 初優勝までの舞台裏!

ここから本文です

カービューロードスター 初優勝までの舞台裏!

ヒストリー継続

2011年9月3日18時12分。我々はこの瞬間を生涯忘れることはないだろう。僕は断言できる。たとえこの先記憶力が衰えたとしても、2011.09.03.18.12という数字はすでにこの身体に刻まれた。意識がある内は、チェッカーフラッグが打ち振られた夕景のゴールシーンとともに正確な時刻が蘇るに違いない、と。

22回を数える『メディア対抗ロードスター4時間耐久レース』は、波瀾の2011年を象徴するかのような複雑な状況の中で始まった。そもそも3.11東日本大震災の影響を受けて開催そのものが危ぶまれた。しかし、実質的な主催者であるマツダとエントラントのメディアの“ヒストリー継続”の思いが実を結んだ。ロードスターというクルマが持つ人徳ならぬ“車徳”の賜物だろう。

今回は、折からの節電に対応して14時スタート、18時ゴールという2時間前倒しのタイムスケジュールが組まれることになった。懸念された大型の台風12号は大きく西に逸れ直撃は避けられたが、今世紀最大の勢力は空模様を猫の目のように変えた。天の配剤の行方は何処に…。

『4耐』は1デイレース。今年は朝6時30分から長い一日が始まった。僕はFacebookでウン10年ぶりの再会を果たした生け花の家元にして40年来の歌手という高校時代の旧友・柳沢立生(オタチ)を伴って、丸々1年ぶりの筑波サーキットの門を叩いた。オタチは生まれて初めてのサーキット/レース観戦であるという。

2008年の初参戦以来、今年で連続4戦目。カービューロードスター『God Takspeed』は、編集長の加藤拓人(タク)、カメラマン親子鷹の北畠主税(タンボ)/蘭知亜(ランチア)、そして伏木悦郎という不動のドライビングスタッフに、山本カントクをはじめとするカービュー&みんカラ編集部、ボランティア参加の緑整備のメカニックと参謀役の杉作…。

陣容は3年で6位入賞にこぎつけた去年とまんま同じ。これにブログを通じて馳せ参じたみんカラ友達10数人のサポーターが加わる。ファミリーでフレンドリーな闘う集団は、思いを共有する人の多さという点で他チームとは一味違うトップコンテンダーになっていた。今年は何か違う…僕は密かに根拠のない自信を抱いていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら