サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 「フリード」ガソリンモデル試乗 見た目も使い勝手も良いが官能性が足りない

ここから本文です

「フリード」ガソリンモデル試乗 見た目も使い勝手も良いが官能性が足りない

売れ筋ど真ん中のグレードに乗ってみた

「新時代の国民車」を探す実地調査企画の第16回目。今回の調査対象は、2016年9月のデビューから約2年半がたった今もなお、まあまあの勢いで売れているホンダ フリードだ。
>>国民車とは?

フリードのキャッチコピーは「ちょうどいいを、もっと、みんなへ」。5ナンバーサイズの小ぶりなボディの中にゆとりある車内空間を実現させ、スタイリングもクセやアクが少ないものとしたフリードは、日本国民にあまねく普段使いしてもらいたいとの願いを込めて(?)開発された、まさに国民車的発想のコンパクトミニバンである。

ただしミニバンといっても3列シート/6人乗り(または7人乗り)となる通常モデルのほかに、2列シート/5人乗りもラインアップされている。先代(初代)の2列バージョンは「フリードスパイク」という車名だったが、現行(2代目)のそれは「フリード+」という名称に変わっている。

パワートレインは2種類。ガソリン車は1.5L直噴ガソリンエンジン+CVTで、ハイブリッド車は1.5Lガソリンエンジン+高出力モーターを内蔵した7速DCT。2WD車のカタログ燃費はガソリンが19.0km/Lで、6人乗りハイブリッドが27.2km/Lである。

車両本体価格はガソリンのフリードが188万円~233万2200円で、ハイブリッドが225万6000円~272万8200円。2列シートのフリード+ではガソリンが190万円~235万2200円で、ハイブリッドが227万6000円~274万8200円だ。

今回の試乗車両は本体価格210万円也のフリード G ホンダ センシング(FF/6人乗り)。つまり「3列シート+1.5Lガソリンエンジン+先進安全装備+まずまずの快適装備」という、フリードのど真ん中にあたる売れ筋グレードだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します