サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 日産GT-Rニスモ2020年モデルは2018オーナーが泣いて悔しがる完成度に達したが、それゆえに哀愁も漂う

ここから本文です

日産GT-Rニスモ2020年モデルは2018オーナーが泣いて悔しがる完成度に達したが、それゆえに哀愁も漂う

旋回性能も加速性能も2018モデルを引き離している

そして旋回力が凄まじい。久々に首がキツいと思うほどの旋回力で、2018年モデルでタイヤを新品にした時に数周だけ味わえる超美味しいグリップレベルを、普通に毎周堪能できる。

さらなる驚きは、切り返しの軽やかさ。1700kgオーバーの重量級であることに変わりはないが、2018年モデルと比べ100kg近く軽いクルマのごとくユサリともせずに切り返せる。切り返しのコーナーリング速度も高い。また、2018年モデルは旋回Gによりシートが若干動く感覚があったが、2020年モデルはシートがレカロにより新設計されている。

個人的に快感を覚えたのは加速だ。若干路面が荒れた場所でのフル加速や、旋回しながらのフル加速で、アウトバーンで体感した通り、2020年モデルは路面にめり込むように強烈に加速する。アクセル操作へのレスポンス遅れも皆無だ。

誤解しないでほしいのは、2018年モデルの加速特性もハイパフォーマンスカーのトップレベルにあることだ。車体をねじらせ、跳ねたり暴れたりしながらも、瞬間的にタイヤを路面に押しつけ飛ぶようにクルマを前に押し出すのは、リアエンジンのポルシェに匹敵するレベル。それをフロントエンジンで実現しているのは、FRをベースにここ一番でフロントタイヤが強力にクルマを前に引っ張るアテーサー4WDの凄さだろう。何にせよ、2020年モデルのトラクションは異様なレベルにあり、しかも加速中の旋回など、複合操作への柔軟性もある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します