サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 日産GT-Rニスモ2020年モデルは2018オーナーが泣いて悔しがる完成度に達したが、それゆえに哀愁も漂う

ここから本文です

日産GT-Rニスモ2020年モデルは2018オーナーが泣いて悔しがる完成度に達したが、それゆえに哀愁も漂う

ライバルにコスパで勝るが12歳という古さも感じる

最後にこれだけの性能を達成した技術背景を見ていこう。

2020年モデルの基軸は軽量化だ。2018年モデルもトランクリッドや空力アイテムはカーボンだが、ボンネットで2kg、ルーフで4kg、フロントフェンダーで4.5kgのカーボン化による軽量化を果たし、その他も合わせ合計13.3kgのバネ上重量を削った。さらに新ホイールでバネ下重量も合計16.4kg削っている。

軽量化でダンパーに余裕ができて接地性が高まり、旋回速度が上がり、旋回速度に耐えられる剛性のタイヤも新設計された。カーボンセラミックブレーキも新設計で、キャリパー容量が大きくなり、ローターは大径化されただけでなく冷間時の発熱を促進できる新素材を採用。高温度域側の性能が追求できるようになり、減速ピークGも高まるといった好循環が生まれているのだ。

「GT-R ニスモ GT3」で鍛え上げたターボタービンは、効率を落とさずブレード枚数を11枚から10枚に減らし、14.5%の軽量化と24%の慣性モーメントを削減。試乗でも頻繁に感じたレスポンス向上に繋がっているという。

開発責任者の田村氏は「“使い切れる600ps”が大事。トータルバランスや感性を鍛え上げるのがGT-Rの名にふさわしい進化」と言う。これだけスペック表に書けない要素にお金を掛けてきたモデルが、今まで国産車にあっただろうかとも思った。

最後に、GT-R専用のシャシーは12年経った今も世界の最新ハイパフォーマンスモデルと十分過ぎるレベルで戦えている。ニスモ2020年モデルは2000万円台中盤(※2420万円、10%の消費税込み、※編集調べ)という非現実的な価格になると予想されるが、ライバル勢と比べても、まだ若干のコストパフォーマンスの良さは魅力として挙げられるだろう。一方で、トランスミッションが未だに6速で高速巡航時に低回転ドライブができない、高度運転支援システムが付かないなど、12年という年齢を意識せざるを得ない状況にもなっている。

ハイパフォーマンス専用量産モデルの存続が難しい時代になるとも言われているが、日産には是非、GT-Rの進化の継続をお願いしたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します