サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アウディA8とA7にレベル3の自動運転は付かない…その本当の理由

ここから本文です

アウディA8とA7にレベル3の自動運転は付かない…その本当の理由

A8は8速トルコン式AT、A7は7速デュアルクラッチ式AT

同時に日本導入された「A7 スポーツバック」にも試乗した。先代はライバルブランドが用意する4ドアクーペに対するアウディの回答といった感じの5ドアハッチバックだったが、新型もそのボディタイプを踏襲。リアコンビランプまわりのデザインが立体的でかっこいい。

プラットフォームをはじめ、タッチ操作可能な新しいMMIのユーザーインターフェイス、レーザースキャナーを搭載する安全システム、48ボルトの電源システムなどはA8と共通。エンジンはA8にも設定される3リッターV6ターボ(最高出力340ps/5200-6400rpm、最大トルク51.0kgm/1370-4500rpm)一択となる。変速機はA8が8速トルコン式ATなのに対し、A7は7速デュアルクラッチ式ATが採用された。車名と段数のシンクロはたまたまか。

乗って感じるA8との一番の違いは足まわりの印象。通常のコイルスプリングと油圧ダンパーの組み合わせは、A8のエアサスほど路面のざらつきを消し去ってはくれないが、路面のうねりやコーナーでのロールといった大きな入力に対しては自然な動きをしてくれ、タイトコーナーの連続ではA8よりも気持ちよく走らせることができた。

新型A7/A8、特にA8はスタイリングが大きく変わらなかったため、どことなく静かなデビューといった印象を受けるが、乗ってみると最新のアウディは最良のアウディだった。最高価格のアウディでもあるのだが。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します