サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ダイハツDNGA第1弾の新型タントをテスト。新発想CVTや軽量ボディが好印象だがタイヤに課題

ここから本文です

ダイハツDNGA第1弾の新型タントをテスト。新発想CVTや軽量ボディが好印象だがタイヤに課題

軽量ボディや新開発の遊星ギア付きCVTに注目

タントはボディで40kg、シャシーで10kg、その他で30kgと、合計80kgも従来モデルから軽くなった。自然吸気エンジンでもふだん走りなら十分に軽快な走りを見せ、改めて軽量化は走る・曲がる・止まる、全てに効く要素で、クルマの素性を高めることを実感する。

日本初の複数回(2回)点火を行なうエンジンもDNGAで刷新された。ターボと自然吸気は排気音やフケ上がり感が違い、回すと粒が揃う印象は自然吸気だが、排気音も含めるとターボの刺激が勝る。ここ一番でアクセルを踏んだとき、高回転でエンジンが唸るのに抵抗感がないなら、新型タントは自然吸気でもかなりよく走る。ターボであれば高速だけでなく、ワインディングも走りを楽しめるだろう。

剛性も30%向上した。ボディがガッチリとヨレない…とはいえないが、少なくとも軽自動車にありがちな、ボディがヨレてコントロール性が落ちるとか、旋回中にハンドル操作のダイレクト感や手応えが曖昧になる感覚が少なく、気持ちよく走れる。ブルブルした走行振動が少なく、乗り味の質も向上している。とはいえ路面のいいサーキットでは本質が見抜けないのも事実で、一般道で確認してみたい。

トルコンATのダイレクト感や高速での伝達効率の良さを兼ね備えた、新型CVTトランスミッション(D-CVT:デュアルモードCVT)もメカオタク必見。CVT(ベルト駆動)に遊星ギアを組み合わせることで、低速での加速感、高速域での燃費や伸び感を両立しているのはみごとだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します