サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 中国に活路を見出したVWフェートンの後継車フィデオン

ここから本文です

中国に活路を見出したVWフェートンの後継車フィデオン

先代フェートンとほぼ同等のボディサイズ

まずは上海を流れる黄浦江(こうほこう)の川辺に設置されたパビリオンで行われたプレスカンファレンスに中国のジャーナリストと共に参加する。面白かったのはニューモデル解説で、この国では担当エンジニアではなくて、プロのアナウンサー、というかタレントが行う。その様子はまるでTVコマーシャルの実演を見ているようだった。

2時間近い演技に辟易して、ようやく実車に辿り着く。VWブランドとして初めてエンジン縦置用の「MLB」プラットフォームをベースにしたフィデオンは、全長5.05m×全幅1.87m×全高1.48mの4ドア・リムジーンで、LEDヘッドライトを採用し、クロームを多用したフロント・グリルのデザインは確かに存在感たっぷりの堂々としたアピアランスを持ち合わせている。鋭いサーフェスと精緻なエッジの立ったプレスラインを組み合わせたエクステリア・デザインは、「アウディ A6」と「VW パサート」を足して2で割ったような雰囲気を持つ。しかもそのプレス角度(折り角度)は114度と高度な生産技術が要求されている。

「トヨタ クラウン」を意識したとは言うものの、ヨーロピアンな雰囲気を持ったインテリアはエクステリア同様直線的で、ウッドとクローム、そしてレザーに包まれた上質な空間が演出されている。しかし、細部に目をやるとギャップの大きな合わせ目や物入れの蓋などの動き、面一などのフィニッシュにやや荒っぽいところが見られた。まあ、これは重箱の隅を突つくようなもので、一般ユーザーには気にならないレベルではある。キャビンスペースは中国では重要な後席レッグルーム、ヘッドスペースも十分な余裕がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します