サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レクサスLSの評価は、走りと快適性のどちらを取るかで決まるだろう

ここから本文です

レクサスLSの評価は、走りと快適性のどちらを取るかで決まるだろう

まずは主張の強いデザインに拍手を送りたい

1989年に北米で産声を上げ、05年より日本にも展開されたプレミアムブランド「レクサス」。ライバル勢からすればその歴史は浅いが、圧倒的な商品力から短期間に存在感を示すことに成功した。

その原動力が初代「LS」で、高級車のクルマづくりを根底から変えたと言われるほどの圧倒的な静粛性を備えていた。2代目LSも、静粛性はもちろん乗り心地を含めた乗り味をハイブリッドシステムという武器を使い、またもや進化させて世を驚かせた。特に後席に乗るショーファーカーとしてオーナーの心を強く掴んだ。

さあ、今回はその続きのシナリオだ。11年振りにフルモデルチェンジされた新型LSはどのような世界を見せてくれるのか? そこには、レクサスがこれから進もうとする未来が表現されているに違いない。新型モデルとしての完成度にも興味があるが、ブランドを大事にしているメーカーの試乗会では、こうしたストーリーを読み取るのも大切だ。

すでに銀座などでは新型LSが存在感を漂わせながら走り出している。主張が強いデザインだから苦手な人もいるだろうが、プレミアムブランドはそれでいい。誰もが受け入れられることより、特定の感性に鋭く刺さるデザインであるべきだし、そこにあるのに気付かれないようではダメだ。周りのクルマに埋もれることなく目に飛び込んでくるLSの、まずはデザインに拍手を送りたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します