サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型プジョー208はクラストップの品質を得たが、ブランド戦略で猫足は捨てた

ここから本文です

新型プジョー208はクラストップの品質を得たが、ブランド戦略で猫足は捨てた

男心をくすぐるメカメカしいデザイン

デザインはひと言で言うと“攻め”を感じる。エクステリアは往年の名車「205」を彷彿とさせるCピラーを筆頭に、全体からスポーティネスや先進性が感じられる。特にリアのテールランプ周りはみごとで、素直に欲しいと思えるものだ。

インテリアもメカ好きにはたまらない造形だ。iコックピットと呼ばれる宇宙船のコックピット風メーターは、正面に見える液晶の前に映像を反射させるパネルを置き、ヘッドアップディスプレイの原理で、液晶が前面と背面の2層に見えるようにしている。

ナビ画面も大きく、その下には洗練された形状のトグルスイッチが並ぶ。極め付けはトリガー型のATセレクターレバーで、室内全体がメカメカしいのも男心をくすぐる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します