サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型プジョー208はクラストップの品質を得たが、ブランド戦略で猫足は捨てた

ここから本文です

新型プジョー208はクラストップの品質を得たが、ブランド戦略で猫足は捨てた

どちらのグレードにも猫足は感じられなかった

一方、17インチを履くGTラインはよりスポーティな味付けだ。乗り心地は正直「ハードだな」という第一印象で、アリュールでも固かっただけに、タイヤサイズが上がりスポーツ銘柄になるので当然の結果ともいえる。

しかしワインディングのハンドリングは気持ち良い。アリュールではやや不満を感じたが、GTラインはタイヤのキャラクターとハンドリングのシャープさがマッチして、これぞプジョーのスポーツモデルといえる走りを見せる。

だが、多くの人が期待するだろうプジョーならではの“猫足”は新型208には感じられないというのが筆者の印象だ。アリュールですらスポーティで、GTラインはさらに固いから、キャラクターは完全にスポーツ方向に振られている。

このような味付けになったのは、今後このCMPで様々なブランドのモデルを送り出すからだろう。DS3 クロスバックは落ち着いた乗り味としなやかなサスペンションが印象的で、シトロエンやプジョーブランドより上位の、フランス車らしいしなやかさを表現していた。おそらく今後のシトロエン車は、よりふんわりと柔らかなキャラクター設定がなされるはずだ。つまり、各ブランドの乗り味を大きく分ける戦略に違いない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します