サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型プジョー208はクラストップの品質を得たが、ブランド戦略で猫足は捨てた

ここから本文です

新型プジョー208はクラストップの品質を得たが、ブランド戦略で猫足は捨てた

電気自動車のe-208もやや固めの乗り心地

今回は電気自動車バージョンのe-208を試すことができた。プリプロダクションと呼ばれる、ほぼ市販型と同じ仕上がりの車両だが、フロントにモーターを配置するFF車で、室内レイアウトを変えることなく50kWhのバッテリーが搭載されている。

実際に走らせると拍子抜けするほど普通で、内燃機関の208から乗り換えても全く違和感なく操作や運転ができる。プジョーは欧州で販売するにあたって、初めて電気自動車に触れる人が多いだろうと考えたのだ。「日産 リーフ」のeペダルのような電気自動車ならではの演出はない。

モーターは最高出力130ps/最大トルク260Nmで、1.2L直列3気筒ガソリンターボよりもややトルクがある程度だが、バッテリーのため車両重量は300kg弱重い1400kg台となる。それでもモーターの特性によって重さを意識する事はほとんどない。走り出しのモーターならではの力強さやなめらかさや静けさによって、上質な走りを味わわせてくれる。

車重が重いことは、e-208の乗り心地に良い方にも悪い方にも影響している。GTラインは路面がいいと重厚感もあってスポーティだが、路面が悪くなると足のバタつく感じが気になった。本来ならば重量が重い分乗り心地が良くなるはずだが、この点は逆だ。アリュールはタイヤサイズが小さいことでなめらかな感触が生まれるが、路面が悪くなると小刻みに震えるような振動が入ってくるのが気になった。

ポルトガルの道路が極めてひどい状態であったため、これが日本の道路だったらどうだろうかと考えると、今回気になった点の多くが払拭されるのではないかと筆者は考えている。日本の路面とのマッチングがどうなるかが楽しみだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します