サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > トヨタ ライズは迷わず選択できる素晴らしい実用SUVだが、カーマニアを自覚される方は慎重に判断を

ここから本文です

トヨタ ライズは迷わず選択できる素晴らしい実用SUVだが、カーマニアを自覚される方は慎重に判断を

カーマニアか否かで評価が大きく変わる

「新時代の国民車」を探す実地調査企画の第26回。今回の調査対象は、今売れに売れている5ナンバーサイズのコンパクトSUV、トヨタ ライズである。
>>国民車とは?

ご承知のとおりトヨタ ライズは、ダイハツが「ロッキー」として開発した小型SUVのOEM供給版。両者の中身は同じだが、フロントまわりのデザインやグレード構成、ボディカラーなどに若干の違いがある。

搭載エンジンはダイハツの直列3気筒1Lターボで、そこに組み合わされるトランスミッションはダイハツが独自開発した「D-CVT(デュアルモードCVT)」というもの。

これは通常の金属ベルト式CVTに遊星ギア式動力分割機構を追加したものであり……と書くとなんだかよくわからないが、要するに動力の伝達経路を分割することで効率が上がり、低速域と高速域の双方でいい感じになる。さらには省燃費性能も向上する――とだけ、我々一般人は覚えておけば十分だろう。

車台は現行型のダイハツ タントで初採用された「DNGAプラットフォーム」の小型車用で、駆動方式はFFと4WD。今回の試乗車両は、ライズ側の最上級グレード「Z」のFF版である。

いきなり結論から申し上げると、トヨタ ライズという車は「心にカーマニアを飼っているかどうか」で評価が大きく変わる車だ。

もしも貴殿の中に「カーマニア」が住んでいないか、あるいは住んでいたとしてもほぼ隠居状態であるならば、ライズは大変に素晴らしい乗用車であり、国民にあまねく推奨されるべき大衆実用車だと感じるだろう。

だがもしも貴殿の中に「守旧派カーマニア」が今なお少なからず巣食っているのであれば――おそらくはさほど満足できないはずだ。

以下、ご説明しよう。まずは、貴殿の心の中にカーマニアがいないものと仮定して。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します