サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 自動車評論家が2週間でテスラを注文した理由は「クルマの常識が破られた」

ここから本文です

自動車評論家が2週間でテスラを注文した理由は「クルマの常識が破られた」

0-100km/h=2.7秒は億超えのスーパーカー並み

停止状態から100km/hまでたったの2.7秒で加速。これが「テスラ モデルS」の中でも、最も高額で最も高性能なグレードである「P100D」が持つ能力のひとつだ。

加速は強烈。首に力を入れて構えても、ヘッドレストに頭が打ち付けられる。内臓が背中に寄るような感覚に襲われ息苦しくなる。同乗者が予告無しにこの加速に見舞われたら、驚くというより、むちうち症状になる可能性さえある。しかもバッテリーとモーターの能力をフルで使う「ルーディクラス」モードを選んで、アクセルを踏むだけで容易にこの加速が手に入る。モーター駆動による変速機のない滑らかな加速と、高度なトルクコントロールがこれを可能にするのだ。

そもそもモデルSは、速さを求めたスペシャルモデルではない。ボディサイズは全長4979mm×全幅1950mm、車両重量2トンを超える大柄の高級セダンだ。それがハイパフォーマンスカーでもほとんどのモデルが届かない、0-100km/h加速3.0秒を切ってしまう。このP100Dを超える加速能力のクルマを探してみても、「ポルシェ 918スパイダー」「フェラーリ ラ・フェラーリ」「マクラーレン P1」「ブガッティ ヴェイロン/シロン」といった、伝説級の億超えモデルだけだ。

しかも、変速の必要がないトルクコントロール自在のモーター駆動の特性によって、タイヤもバタつかず、トラクションコントロールさえ介入の兆しを見せない。今後、バッテリーとモーターの性能が上がればさらなる加速も容易に手にできそうだ。まるで今までの経験や知識に基づく価値観、概念、定説などを根こそぎ覆すような能力。まあ加速能力は電気駆動の特性といえなくもないが、モデルSには他にも型破りな特徴が無数にある。今回はテスラのそういった特徴を挙げてみよう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します