サイトトップへ

サイト
トップへ

地震情報 6月1日 9時37分 気象庁発表
6月1日9時33分ごろ地震がありました。
[震源地] 薩摩半島西方沖  [最大震度] 4 今後の情報にご注意ください。詳細
地震の速報を、スマートフォンのアプリやメールでも受けとることができます。防災速報について

現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アウディe-tronは次世代プレミアムに相応しい乗り味。日本勢ではアウトランダーPHEVが近い

ここから本文です

アウディe-tronは次世代プレミアムに相応しい乗り味。日本勢ではアウトランダーPHEVが近い

アウディe-tronは次世代プレミアムに相応しい乗り味。日本勢ではアウトランダーPHEVが近い

アウディ e-tron プロトタイプ

次世代のプレミアムに相応しい快適な乗り味

さらにe-tronは、一番の重量物であるバッテリーをEVの方式になぞらえ床下配置することで、重心がとても低い。前後の重量配分までもが50:50にバランスされているため、挙動を予想以上にイージーコントロールできてしまうのだ。モーターが右足の命令に素早く反応し、無音のもとに大地を豪快にかきむしる感触は、一種独特な新鮮さだった。唯一の違和感は、ペダルに反力を伴わず、車輪だけがブレーキロックを防ぐABSの作動制御くらいだ。

そしてサファリステージでは、アダプティブエアサスペンションが、全ての乗り心地を極めて快適に保った。ダンパーは選ばれたモードに対して忠実に減衰力を微調整し続け、オフロードでは最大35mm車高を上げて路面の凹凸をクリアしてくれた。リミテッドスリップデフを持たずとも内輪にブレーキを掛けて駆動力を確保し、片輪が浮くようなモーグルを走破してしまう。

この豪快かつ繊細で、静寂を友とする乗り味は、新しい時代のプレミアムである。世界のハイエンドカーたちが速さだけでは通用しなくなり、そこに快適性を大きくアピールしているのが現代の水準だとしたら、プレミアムEVはこれをさらりとクリアする実力者だ。今後バッテリーの性能が向上し、車重の軽さが際立つようになれば、間違いなくシーンの主役になることが容易に想像できる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します