サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 【日産キックス試乗レポ】質感は気になるがe-POWERが痛快な青春リバイバル系コンパクトSUV

ここから本文です

【日産キックス試乗レポ】質感は気になるがe-POWERが痛快な青春リバイバル系コンパクトSUV

【日産キックス試乗レポ】質感は気になるがe-POWERが痛快な青春リバイバル系コンパクトSUV

日産 キックス X ツートーン インテリアエディション

一部カーマニアが指摘する「上質感がない」はその通りだが…

まず乗り心地であるが、確かに良くはない。「次世代高級小型車向けプラットフォーム」を使っている日産 ノートやルノー ルーテシアの乗り心地は「しっとりしなやか」といえるものだが、キックスのそれは少々ガサツである。

ただし舗装が良い場所では「普通に良好」であり、悪い箇所や目地段差を通過する際も「突き上げがかなりキツい」なんてことは特になく、「良くはないけど、ちょっと昔の車ってこんな感じだったよね」程度でしかない。

そして内装も、特に今回の試乗車両である「X ツートーンインテリアエディション」は色使いも華やかであるため、ぱっと見はいい感じだが、よくよく見るとウインドウの開閉スイッチなどは「……軽自動車か?」と言いたくなる質感だ。そしてドア内側の樹脂パネルの造形も、あまりにも手抜きというか割り切りが凄いというかで、思わず笑ってしまうほどである。

だがそのとき、ドライバーは笑いながらも気づくのだ。「そういえば車って、ウインドウの開閉スイッチとか、ドアの内側パネルで走るわけじゃないよな」ということに。

車にとって本質的な「走るための機能」においては、キックスは何ら問題がない。

エンジンと違って「瞬時に最大の力が出る」という電動モーターの特性上、アクセルペダルを深めに踏んだ際の加速は痛快そのもの。

また「そういった運転」はしないでゆるりと安全に巡航する場合でも、トルクフルなe-POWERシステムは十分な快楽というか気持ちよさを、ドライバーに与えてくれる。

そしてカーブを曲がる際も、高性能なスポーツカーやセダンのような曲がり方は当然できないが、まぁ普通の速度で普通に曲がる分には何の問題も危険もない。

さらに車両全体のフォルムがさほど凝った形ではなく、ざっくりいうと四角い形状であるため(なんて言ったら担当デザイナーは憤慨するかもしれないが)、運転席からの視界は前後左右ともきわめて良好。また天井が高いため圧迫感もない。

で、後部のCピラーという柱も、最近は角度的に寝ているSUVが多いのだが(寝ているほうがスポーティでカッコよく見えるため)、キックスのそれはスパッと切り立っているため必然的に後部ドアの開口部は広くなり、乗り降りが非常にやりやすくなる。

そしてさらに、コンパクトSUVであるにもかかわらず後席と荷室はきわめて広い。

具体的には、前席を普通のドラポジに合わせたうえで身長175cmの筆者が後席に座ると、ひざ元も頭上もスペース的には超余裕。190cmの人は知らないが、身長180cmぐらいであれば、おおむねこれと同様の結果になるだろう。

そして前述のとおり荷室も(コンパクトSUVとしては)非常に広く、フル乗車の状態でもゴルフバッグ2セットを余裕で飲み込む。まぁ凝った作りの「便利なデッキボード」みたいなものは設置されていないが、とりあえずは広いので、いろいろなものをぶち込んでおけるのだ。

その他、細かい部分まで触れていけばきりがないが、要するにキックスとは「普通によく走って曲がって、e-POWERだから燃費も良くて(取材当日の燃費は、特にエコドライブを意識しないで約17km/L)、人も荷物も余裕で収容する、悪くないデザインの、車両価格200万円台で買える流行りのSUV」である。

……それは「まったくもって悪くない車」に思えるが、それでも一部カーマニアからの評価が低いのは、「上質感」が確かに欠如しているからだ。

それは確かにそのとおりではある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します