サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > WRX STIとシビック タイプRをサーキットでガチ対決させる

ここから本文です

WRX STIとシビック タイプRをサーキットでガチ対決させる

なぜWRX STIとタイプRはあまり比較されなかったのか?

まさかこんな日が来るとは思わなかった。目の前には「スバル WRX STIタイプ S」と「ホンダ シビック タイプR」が並んでいる。

思い起こせばこの2台は、そもそも同じセグメントに属すモデルながらも決して直接比較されることはない、と誰もが思っていたはずだ。同じようにトップレベルのスポーツグレードに属していたものの、その方向性は全く異なるものだったからである。

シビック タイプRの初代モデルが登場したのは1997年のこと。6代目シビックEK型に初めて設定されたこのモデルは、1.6L NAながらも最高出力は185psと、リッターあたり100ps以上を実現したハイチューンユニットを搭載。同時に徹底的な軽量化で1040kgという軽量ぶりを実現していた。その後は排気量が2.0Lとなるなどしたが、位置付けとしてはタイプRとは、無駄を削ぎ落としハイチューンのNAエンジンを搭載する…という文法を守ってきた歴史がある。

一方で、WRX STIの初代モデルが登場したのは1994年のこと。スバルのカタログモデルだったインプレッサWRXをベースに、STIが手がけたコンプリートモデルとして登場したのがルーツだ。今も変わらぬEJ20ターボを搭載し、最高出力は250ps、最大トルクは35.1kgmを発生。セダンボディに強力なボクサーターボを積み、4WDを組み合わせるという発想は当時の世界では稀なもの。ここからWRX STI=セダン+2.0Lターボ4WDという文法が生まれ、その後現在まで受け継がれる歴史を作り上げたのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します