サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型アウディR8。新クワトロシステム&V10エンジンの実力をテスト

ここから本文です

新型アウディR8。新クワトロシステム&V10エンジンの実力をテスト

意識しないまま高性能に浸れるという美学

R8に乗るとアウディらしさがわかると書いたが、典型的な例を紹介しよう。同じスーパースポーツの姉妹車であるランボルギーニ ウラカンには、駐車場に続くスロープなどでフロントスポイラーを擦りにくいように、車高を上げるリフター機構が付いている。しかしR8にはそれがない。R8は見た目こそ低いのだが、実はそのままでリフターを使ったウラカンと同レベルの地上高が確保されている。

空力性能やカッコよさはもちろん、使い勝手も併せ持たせる。特別な操作を必要とせず、気負うことなく、誰にでも高性能モデルを普段の足として使って欲しい。先に言ってしまうと、新型R8が見せてくれるのは“高性能であることを意識せずに高性能の世界にどっぷりと浸かれること”に美学を求めているような世界だ。そう考えると、他のアウディ車もレベルの差こそあれ、同じようなDNAを持っていることに気づくはずだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します