サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型ハリアー試乗。ガソリン、ハイブリッド、駆動方式…おすすめの“組み合わせ”を探る

ここから本文です

新型ハリアー試乗。ガソリン、ハイブリッド、駆動方式…おすすめの“組み合わせ”を探る

高速道路中心ならどの組み合わせでもアリ

では高速道路中心だとどうだろう。その場合は唯一の自由選択となる。19インチタイヤであればハンドル操作への反応が良く、結果レーンチェンジした際のグラつきが少なく走りやすい。さらにはハイブリッドはいくらか静かに走れるなどの強みはあれど、その差によりクルマ選択が変わるというほどのものでもない。

もし追い越し車線をガンガンに走りたい、というのであれば、出力とトルクにゆとりがあるハイブリッドとなるが、アクセルを床まで踏み切ることに抵抗感がなければ、加速感やエンジン音などガソリンが良い場合もあるし、つまりは高速道路中心での利用であればパワートレーンの選択はあまり気にしなくても良い。ただ、後席に人を乗せる頻度が高いのであれば、4WDの乗り心地の良さを選択しても損をないはずだ。

運転支援は最も安いSグレードでも付いているし、高速道路の移動では足回りもよく動くし、どのグレードでも快適だ。ちなみにサイドミラーの死角にクルマがいるなど、車線変更時の安全確認の補助をしてくれる「ブラインドスポットモニター」はおすすめ。Zグレードだと標準だがそれ以外だとOPとなる。

そして最後に、山道を走る頻度が高いなどアクティブなライフスタイルの人は特によく考えてほしい。そこで何を重視するか? 連続するカーブをストレスなくシャキッと軽快に気持ちよく走りたいならガソリンモデルだ。逆に山道では景色を見ながらゆったり走りたいというならハイブリッドがいい。もちろんどっしりとした安定感まで求めるなら4WDがいいというのは前述の通りだ。

走りとは関係ないが、床下収納を確保するためスペアタイヤは全車オプション(パンク修理剤対応)になっているが、山道を頻繁に走る人は積載力は減ってしまうが、スペアタイアを選択するべきだ。細い山道などでありがちなサイドウォールカット(タイヤの側面に小石などで傷がついてパンクしてしまう)は、パンク修理剤がまったく使えない。こうした道は交通量が少なく携帯もつながらない場合もあるので、なおさらだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します