サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > スズキのデザイン力が炸裂! 話題の「イグニス」、完成度はいかに?

ここから本文です

スズキのデザイン力が炸裂! 話題の「イグニス」、完成度はいかに?

スズキのデザイン力が炸裂! 話題の「イグニス」、完成度はいかに?

写真はイグニス HYBRID MZ(2WD)

ちょっとしたスポーツハッチばりの快活さ

ISG(モーター機能付き発電機)を内蔵した1.2リッター・マイルドハイブリッドのパワートレーンは、3.757という最終減速比まで含めてソリオ・ハイブリッドと共通。細部のチューニングも変わっていないという。

それでいて、車重はソリオより成人男性ひとり分(70~100kg)も軽いのだから、イグニスの動力性能はとても活発である。最上級の「ハイブリッドMZ」にはシフトパドルもつく。操縦性にもショートホイールベースらしい快活さがあるので、ちょっとしたスポーツハッチばりの味わいである。

シャシーのデキについては、他メディアやモータージャーナリスト諸氏のSNSコメントなどを見ると、あまり芳しくない評価も散見される。なかでも「乗り心地、とくに後席のそれがよくない」とか「限界が低い」といった種類の指摘が目立つ。

スズキが「後継車ではない」と言っているのに何度も引き合いに出して恐縮だが、そうした評価の背景には、異例に高度な高速スタビリティと剛性感たっぷりのパワステやシートを誇ったスプラッシュのイメージによるところも大きいのでは……とも思う。

スプラッシュの開発はスズキだったが、その主要納入先である欧州GMは独アウトバーンでの安定性にこだわり、企画開発段階からその意向が色濃く反映された。スズキが提示したプロトタイプは、欧州GMに何度も突き返されて、スプラッシュは最終的にああいうクルマになったのだ。対して、イグニスはスズキが企画・開発・生産して、スズキの自前ネットワークだけで販売される純粋なスズキ車である。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します