サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > BMW「3シリーズ」 大ベストセラーは幅広いラインアップでベストグレードが決められない!?

ここから本文です

BMW「3シリーズ」 大ベストセラーは幅広いラインアップでベストグレードが決められない!?

ハンズオフ可能な高度運転支援システムを全車標準装備

BMW「3シリーズ」は、1975年から販売され続けているBMWの最多量販車種。もともとはコンパクトなサルーンとしてスタートしましたが、近年では「中の大」といえるサイズ&車格に成長し、現在は2019年3月に発売された7代目の3シリーズが新車として販売されています。

現行型3シリーズセダンのボディサイズは、先代より全長が70mm、全幅が25mmそれぞれ拡大された全長4715mm×全幅1825mm×全高1440mm。ホイールベースも40mm増の2850mmになりましたが、車両重量は最大で55kgの軽量化に成功しています。

当初のパワーユニットはチューニングの異なる2種類の2.0Lガソリン直4ターボで、「320i」には最高出力184ps、「330i」には258psの仕様が搭載されました。トランスミッションはいずれも8速ATです。

その後2019年5月には最高出力190psの2.0L直4ディーゼルターボを搭載する「320d xDrive」と、システム合計出力292psのプラグインハイブリッドモデル「330e M Sport(エム スポーツ)」、さらには最高出力387psの3.0L直6ガソリンターボを搭載する「M340i xDrive(エックスドライブ)」を追加。またさらに2020年8月には、最高出力156psの2.0L直4ターボを搭載する新たなエントリーグレード「318i」が追加されました。

先進装備では、運転支援システムを支えるカメラに「3眼タイプ」を採用。各カメラに長距離や中距離、周辺監視といった別々の役割を持たせることで、レーンキーピング性能の向上や危険予測範囲の拡大を実現しています。

これに高性能プロセッサーやレーダーを加えた高度な運転支援システムを全車に標準装着。また直前に前進したルートを最大50mまで記憶し、同じルートを正確にバックで戻れる「リバースアシスト」機能を備えたパーキングアシスタントも用意されています。

さらに2019年夏からは、いわゆる手放し運転が可能になる「高速道路渋滞時ハンズ・オフ・アシスト」も搭載。その他のシステムも含め、3シリーズは「現時点でトップクラスの運転支援システムを有している」と言っても過言ではないでしょう。

3シリーズのボディタイプはセダンとツーリング(ステーションワゴン)の2種類。以前は2ドアモデルも「3シリーズ クーペ」「3シリーズカブリオレ」と名乗っていましたが、先代からは2ドアモデルと4ドアクーペは「4シリーズ」という、3シリーズから独立したモデルになっています。

またそのほかに「M3 コンペティション」という最高出力510psの直6ツインターボエンジンを搭載する超スポーツモデルも存在しますが、M3は3シリーズとは別枠ということで、今回は割愛します。

次のページ>>ベースグレードであっても走りと装備は十分以上

BMW 3シリーズ セダンのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

BMW 3シリーズ ツーリングのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

BMW 3シリーズ セダンの買取相場は?

BMW 3シリーズ ツーリングの買取相場は?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します