サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 生まれ変わったAクラスの衝撃。メルセデスの黄金時代が帰ってきた

ここから本文です

生まれ変わったAクラスの衝撃。メルセデスの黄金時代が帰ってきた

しゃべるメルセデスことMBUXにもビックリ

最後になってしまったがさらに走りと同等か、それ以上にビックリしたのが「しゃべるメルセデス」と呼んでも差し支えない新世代インフォテインメントシステム「MBUX」だ。これは「メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス」の略だがまさしくドライバーに全く新しい運転体験をもたらす。

パッと見目立つのはオプションで10.25インチ、標準で7インチのバーチャル感タップリのダブルワイドモニターだが、問題は中身のソフトウェアだ。今回はそちらもメルセデスが独自開発、特に音声認識ソフトのボイスコントロールの出来映えが凄い。

車内に入り、イグニッションを入れ、乗客が「ヘイ、メルセデス」と声をかければ、モニター表示と同時に「なにして欲しい?」との声が返ってくる。まさしく走るコンシェルジュ感覚。今回は英語対応のみだったが、現在23カ国語バージョンを開発中で、年内とされる日本発売時には日本語にも対応するとか。

ただしこれは当然アップルのSiriや、アマゾンのAlexaなどと被る機能で、ホントにそっちに勝てるの? とダイレクトに開発陣に聞いたところ「我々はクルマのユーザーの事をわかってますから。反応速度、使い勝手でアドバンテージがあります」と自信たっぷり。

確かにヘイ、メルセデスと喋りかけた時の反応速度、さらに「意訳」とも言うべき能力は凄く、例えば「エアコンを1度下げて」などと言わずとも「I'm hot」と言えば反応してくれるし、そのほか「今の東京の天気は?」とか、「BMWは好き?」とか問い掛けても洒落た返事が返ってくる。自分のiPhoneと繫いであれば「あの曲かけて」にも対応してくれるとか。

とはいえ正直、小沢の英語能力、発音能力ではまだまだ。まず最初のヘイ…の呪文が半分以下しか認識してくれないし、ぶっちゃけ作動率は3割程度。

それが語学堪能なナチュラルスピーカーレベルだと「30分間、MBUXと楽しく会話できた」と証言する人もいるほどで、コイツはやっぱり未来の自動車技術。今後、自動車メーカーではなく、モビリティプロバイダーとなると宣言しているメルセデス。こうなったら日本仕様でトコトン試すしかない!

ついでにSクラスと同等という先進安全も凄く、後方も見れる自動ブレーキたるプレセーフプラスや拡張型アクティブブレーキアシストを標準装備するだけでなく、このクラスでは初の「アクティブレーンチェンジングアシスト」も装備。高速ではウィンカーレバーの操作だけで車線変更ができてしまうのだ。

加え64色変えられるアンビエントライトも付いていて、これまたヘイ、メルセデスから始まる音声操作が可能。

ってな具合で戻って来たメルセデス磐石万能の走りと同時に、部分的にSクラスを凌駕するモダンテクノロジーを備えたAクラス。おそらく400万円を超えてくるだろう価格以外はマジで期待大なのだ(笑)。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します