現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格

ここから本文です
試乗記 2019.2.14 レポート:岡崎 五朗 / 写真:菊池 貴之

音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格
  • 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格

注目の音声アシスタントは日本語でも新鮮

自動車業界は100年に1度の大変革期にある! とかなんとか言われてもピンとこないんだよね。そう思っている人は多いだろう。僕もそのうちの一人だ。たしかにEVの選択肢は拡がりつつある。カーシェアリングを使う人も増えてきた。常時接続型のナビやインフォテインメントシステムも普及段階に入った。けれど、ユーザー体験として、ドキッとするほど斬新なものがあるかと言えば答えはノー。ガラケーからスマホへの大転換と比べれば、クルマはごくささやかな進化に留まっているのが現状だ。

そんな状況に一石を投じるのが新型「メルセデス・ベンツ Aクラス」である。なかでも注目なのが、AppleのSiri、GoogleのGoogleアシスタント、amazonのAlexaなどでお馴染みのAI音声アシスタントの採用。MBUX(Mercedes Benz User Experience)と名付けれらたこのシステムは、「Hey Mercedes!」をウェイクワードに、対話型自然音声認識で様々な機能を操ることができる。

音声認識はスタンドアローン型とクラウド型の併用で、車載通信端末が圏外のときでも使用可能(ただし選択肢の減少や認識率の低下はある)。「暑い」と言えばオートエアコンの設定温度を下げ、「寒い」と言えば上げてくれる。そうそう、日本人の感覚からすると「Hey」の語感がちょっと…ということで、日本仕様ではウェイクワードを「ハイ メルセデス」へと変更している。とのことだが、実際は「メルセデス」で反応するため、車内で「メルセデスってどこの国のクルマだったっけ?」というような会話をすると、思いがけずアシスタント機能が立ち上がることがある。

ナビの操作や音楽再生なども音声入力で可能。反応速度や音声認識率は、体感的には大手IT系サービスの2割減程度だけれど、クルマ特有の機能を操作できるのは便利だし新しいし楽しい。たとえば手動操作だと手間のかかるアンビエントライト(車内間接照明)の色変更も「アンビエントライト、イエロー」で一発だ。

また、車内には2つのマイクがあって、助手席の人が「シートを温かくして」と言えば、声を発した位置を判別して助手席のシートヒーターだけをオンにしてくれる。「大阪は傘必要?」「寿司屋に行きたい」「めっちゃ暑いで」といった自然言語への対応や、スマホとの連携も抜かりない。専用アプリをインストールすれば、出発前の目的地設定~ナビへの転送~クルマでの移動~到着後の徒歩ルートをシームレスに繋げることが可能。スマホを使ったリモート施錠&解錠もできる。

お楽しみ機能としてこんなものも。「BMWをどう思いますか?」「貴方の考えと同じです。そうでなければこのクルマには座っていないでしょう」 ずいぶん上から目線(笑)。 まあ、一通り遊んだあとは使わなくなるだろうが、こういう遊び心も悪くない。そういうオマケ機能を含め、短時間の試乗では、どこまで音声認識で操作できるのか、この機能はOKだがこの機能はNGといった正確なところまでは把握できなかったが、全体的には音声だけでかなりいけるなという印象をもった。AI学習機能によるブラッシュアップを含め、愛車として使いこなしていけば、かなり便利、かつ新鮮な体験ができるに違いない。

試乗ステージ:東京周辺

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bom*****|2019/02/14 11:20

    違反報告

    日本の評論家の言うことなど信じない方がいい。
    セーフティパッケージが全車オプション!日本メーカーがそんな事したら、こいつらは非難轟々だ。
    この程度の車に400万出して満足するようなユーザは、車に満足しているのではなく「ベンツを購入」したことに満足しているだけ。今やベンツなど並のメーカーです。
  • cya*****|2019/02/14 10:51

    違反報告

    あきらかにぼったくり車。 金持ち奥さん用。
    メルセデスでもリア、トーションビームで客なめてる。
    フル装備500万??? せめて フル装備で350万でしょう。
  • bin*****|2019/02/14 14:22

    違反報告

    次期マツダ3のリアサスの事を散々文句つけてた割に、このベンツのリアサスの事は文句言わないんだな(笑)
    さすが白人至上主義のクソ共だなwww

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します