サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格

ここから本文です

音声認識やデジタル画面が斬新なメルセデスAクラス。課題は固めの乗り味と価格

総額ではゴルフGTIと並ぶが、この先進感は魅力

若々しくスポーティーなルックス、実用的なパッケージングに加え、Sクラスにすら搭載されていない対話式音声認識システムを採用した新型Aクラスは、これまでのクルマにはなかった最新のユーザー体験を味わわせてくれるモデルだ。

加えて、オプションのセーフティパッケージを選べば、ウィンカーを操作するだけで車線変更できるアクティブレーンチェンジングアシストを含め、Sクラスにほぼ匹敵する先進安全装備が手に入る。走りには少し荒削りな面が残っているが、それを差し引いてもショッピングリストの最上位に置く価値のあるクルマであるのは間違いない。

価格はベーシックモデルの「A 180」が328万円、装備を充実させた「A 180 スタイル」が369万円。「ゴルフ TSI ハイライン テックエディション」が353万円であることを考えると価格競争力もあるように見える。しかし、ゴルフのハイラインには先進安全装備やナビゲーションシステムが標準で付いてくるのに対し、Aクラスはそれらがオプション扱い。様々な先進安全装備を組み合わせたレーダーセーフティパッケージが24万5000円、ナビゲーションパッケージが18万4000円。合計42万9000円支払わなければ、これまで書いてきたような先進性は手に入らない。A180スタイルだと合計411万9000円となり、ゴルフGTIと並ぶ。さらに「AMGライン」を選択すれば25万5000円のプラスだ。

こう考えると、Aクラスは決して安いクルマではない。また、Cクラスにも言えることだが、レーダーセーフティパッケージをオプション扱いにしているのは「最善か無か」を標榜するメルセデス・ベンツらしからぬ設定だ。とはいえ、クルマに限らずモノの価値は常に相対的なものである。これまで味わったことがないような先進感に魅力を感じる人にとって、それが400万円代前半で手に入るのはかなり魅力的に違いない。

QI(ワイヤレス充電)スペースの横にあるUSBポートをふと眺めると、普及前夜のUSB-Cポートがあった。日本メーカーだったら現段階での汎用性を考えUSB-Aポートを選択するところだが、メルセデスは未来を睨んでUSB-Cを採用してきた。どちらがいいとか悪いという話ではない。が、こうした些細な部分にも、クルマの進歩の在り方に対する姿勢の違いが表れている気がした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します