現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ

ここから本文です
試乗記 2018.7.25 レポート:サトー タケシ / 写真:小林 俊樹

ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ
  • ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ

タウンスピードでは好印象だが高速道路では…

ミラ トコットに用意されるパワートレーンは、最高出力52psの直列3気筒エンジンとCVT(無段変速機)の組み合わせのみ。ターボエンジンは設定されないものの、FF(前輪駆動)とフルタイム4輪駆動の2種類の駆動方式が用意される。やはり、雪国では四駆が求められているのだという。

走り出して「おっ」と感じるのは、ハンドルの手応えが軽いことだ。電動パワーステアリングのモーター容量を上げることで、姉妹車にあたるベーシックモデルの「ミラ イース」よりも大幅に軽いパワーステアリングの設定になっている。

ただし、大昔のアメリカ車のようにただ軽いだけで、路面からの情報が一切伝わらない、というセッティングではない。タイヤがどの方向を向いているのか、どんな路面コンディションにあるかといったインフォメーションは手のひらに伝わるから、不快だったり不安だったりということはない。

前席で感じる乗り心地はまずまず良好だ。路面の不整を乗り越える瞬間の衝撃は、角の丸いまろやかなものだ。その理由として、タイヤの選択やサスペンションのセッティングもさることながら、ボディがしっかりしていることが大きいと感じた。ボディがねじれないから、常に正しくタイヤが路面と接し、サスペンションが機能している印象だ。

「まずまず」と書いたのは、高速道路で80~90km/hを超えるあたりから、ややダンピング不足を感じたから。不安をおぼえるほどではないにしろ、路面の凸凹を乗り越えた後の揺れが一発で収まらず、こうした速度域だと“余震”が少し残る。

高速で「ちょっと足りない」と感じるのは、タウンスピードでのやわらかい乗り心地と二律背反、こちらを立てればあちらが立たずの関係にあるので、仕方がないとも言えるが。

試乗ステージ:千葉県・木更津周辺

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • g2t*****|2018/07/25 17:37

    違反報告

    昨日、スーパーの駐車場で見掛けました。

    これはこれでアリだとは思いますが、何となく早めに飽きが来そうな感じだったかな。

    お洒落な雑貨感と言うか、無気力系ほのぼの系を狙いすぎて、少しあざとさを感じちゃう。
    すっぴん風ナチュラルメイクを研究し、すんげー時間掛けて化粧してる女性の様な感じ?

    散らかりやら汚れやら、生活感をどれだけ感じさせないで乗るかが肝かも。(実際は難しい)

    反対意見の方が多いかも知れませんが
    エッセの方が狙い過ぎてない様な潔いシンプルを感じられて好き。
  • jin*****|2018/07/25 16:50

    違反報告

    実際に運転してみると、無印良品的なクルマであることが分かる。安全装備の充実に目がいきがちだが、素の状態でもヒトに優しいクルマだと思う。
    理由として…
    有効視界が広い
    ・全体的に水平基調になっていて、死角が少ない
    ・斜め後方の視界もいい
    ・Aピラーが立っていて、前方の見晴らしがいい
    ・サイドミラーがドアーステーになっていて
     Aピラーとミラーに隙間があり前方が覗ける
    ・スクエアボディで車幅感覚を掴みやすい
    ・ボンネットを運転中に常に視認できる

    が挙げられる。

    走行性能も、パワーはそれなりだが、
    ・コーナリング中のロールが自然
    ・ブレーキフィーリングもナチュラル
    ・確かにステアリングは軽めだが、
     運転中に違和感はなく、
     狙ったラインをトレースできる

    など、このクルマの性格に合っている。

    リヤワイパーが寒冷地仕様以外ではオプション設定できないのは残念だが、メインターゲットの女性だけでなく、ご年輩の方々にもオススメできると思う。

  • wet*****|2018/07/25 16:49

    違反報告

    明後日の方向に行ってしまって自分の娘も「ありゃ無いわ」って評価した現行ラパンより、ずっと女性うけしそうですね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します