サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ

ここから本文です

ミラ トコットはありそうで無かった軽自動車。ベースモデルがオススメ

無印良品を思わせるシンプル&お手頃感

ダイハツの新しい軽自動車、「ミラ トコット」の内外装を撮影していると、carview!編集部のT氏が「このクルマって無印良品っぽくないですか?」と指摘した。なるほど、言われてみるとそんな気もしたので、無印良品の商品との共通点を思い浮かべてみる。

まず、ごてごてとした飾りのない、シンプルですっきりした意匠が共通している。シンプルでありながら、長く使っても飽きないようにデザインされている点も両者は似ている。もうひとつ、値札をひっくり返して価格を確認すると、「思ってたよりお手頃じゃん」と感じる点も無印良品的だ。

目を閉じて想像してみる。無印良品のクリーンな店舗をだだっ広くして、オーガニックコットンのボタンダウンシャツや耐熱ガラスのマグカップなどと一緒にミラ トコットが並んでいる様子を。

確かに、ミラ トコットは無印良品の売り場に違和感なくなじみそうだ。

ミラ トコットのチーフエンジニアを務めたダイハツ製品企画部の中島雅之氏によれば、このモデルは女性や初めてクルマを購入する若年層がメインターゲットで、開発にあたっては女性の声を採り入れたという。

「女性の声を採り入れる」というのは今までもしばしば耳にした開発手法であるけれど、ミラ トコットの場合はレベルが少々違うようだ。中島氏によれば「男性が考える女性像ではダメ」とのことで、7名の女性社員からなるプロジェクトを立ち上げて、このプロジェクトが開発を引っ張ったという。

つまり、従来が「女性の声を聞きながら男性が開発する」という形だったのに対して、ミラ トコットの場合は「女性が自分のほしいクルマを開発した」ということになる。

では、7人の侍ならぬ7人の女性社員は、どのような提案をしたのか?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します