サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マイチェンしたトゥインゴに試乗。質素だし速くもないけど乗って楽しいクルマ

ここから本文です

マイチェンしたトゥインゴに試乗。質素だし速くもないけど乗って楽しいクルマ

マイチェンしたトゥインゴに試乗。質素だし速くもないけど乗って楽しいクルマ

ルノー トゥインゴ EDC

クルマ好きを惹きつける3つの要素が揃っている

筆者も含めたクルマ好きにとって、ルノー「トゥインゴ」は気になる存在だ。理由は簡単で「見る楽しみ」、「走る楽しみ」、「知る楽しみ」という、クルマ好きを惹きつける3つの要素がすべて揃っているからだ。

「見る楽しみ」とはデザインで、「走る楽しみ」とは言うまでもなくファン・トゥ・ドライブ。そして「知る楽しみ」とは、使われている技術やそのクルマが生まれた背景を知ることで、知的好奇心が満たされることを意味する。…なんて堅苦しい表現になりましたが、ウンチクが語れるクルマってことですね。

トゥインゴであれば、エンジンをリアに積むRR(リアエンジン・リアドライブ)レイアウトであることや、なぜスマートの「ForFour(フォーフォー)」と基本的な成り立ちを同じにするのかといったウンチクが楽しめる。ご存じのように、ダイムラー・ベンツとの提携によって、ルノー トゥインゴとスマート フォーフォーは“兄弟車”になったのだ。

そのトゥインゴがマイナーチェンジを受けたと聞けば、興味が湧かないわけがない。各メディアからも新生トゥインゴは人気のようで、広報車両の争奪戦を勝ち抜き、無事に試乗と撮影を終えることができた。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します