サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アメリカ最大のカスタムカーショーSEMA、今年のトレンドはなんと言ってもスープラ

ここから本文です

アメリカ最大のカスタムカーショーSEMA、今年のトレンドはなんと言ってもスープラ

シャコタン文化が起源のカスタム“Stance(スタンス)”

日本のシャコタン文化がアメリカに渡り、今度はそれを逆輸入する形で日本でも流行しているのが、“Stance(スタンス)”と呼ばれるカスタムカルチャーです。ブレーキメーカーのR1コンセプトのブースに展示されたスープラもまた、そんなスタンス系と呼べる一台。エアサスでがっつり車高を落とし、ぱっと見はセンターロックに見えるAL13の20インチ鍛造ホイールRM010を履いています。ボディはパンデムのキットをベースに、フロントスプリッターやGTウイングを追加したオリジナルのカスタムワークを実施。ブレーキはR1コンセプト自慢の鍛造6ポットが奢られていました。

次のページ>>スープラのワイドボディ仕様

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します