サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アメリカ最大のカスタムカーショーSEMA、今年のトレンドはなんと言ってもスープラ

ここから本文です

アメリカ最大のカスタムカーショーSEMA、今年のトレンドはなんと言ってもスープラ

スープラのワイドボディ仕様

最も多くのスープラを展示したのは、本家トヨタブース。その中でも個人的に特に気になったのが、こちらのワイドボディ仕様でした。トヨタのマーケティング部門から依頼され、トップギアUS版のMCを務めるラトリッジ・ウッドさんがプロデュース役を務めた“GRスープラ ハイパーブーストエディション”。ワイドボディのデザインと製作はLL17 モータースポーツが担当し、20ピースから成るカーボン製のワイドボディパネルで構成されています。ホイールもこのショーカー用に製作されたもので、ライトスピードレーシング製の20インチ3ピースを装着。リムはカーボン製です。

次のページ>>アメリカで流行の“Overlander(オーバーランダー)”

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します