サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ソリオにフルハイブリッド搭載モデルを追加。燃費は32.0km/Lに向上

ここから本文です

ソリオにフルハイブリッド搭載モデルを追加。燃費は32.0km/Lに向上

スズキは11月29日、コンパクト・ハイトワゴンのソリオ/ソリオ バンディットのラインアップにフルハイブリッド仕様を追加して発売した。先日発表されたばかりのダイハツが手掛ける同カテゴリのライバル車(ダイハツが「トール」、トヨタが「ルーミー」「タンク」、スバルが「ジャスティ」)に早くも手を打ったカタチとなる。価格はハイブリッドSXが191万7000円、同SZが206万2800円、バンディット ハイブリッドSVが204万6600円(全てFF)。今後も継続して併売されるマイルドハイブリッド仕様との価格差は、22万1400円となっている。

マイルドハイブリッドから約15%の燃費向上

発進時や加速時にのみモーターでエンジンをアシストするマイルドハイブリッドに対して、フルハイブリッドでは最高出力10kW、最大トルク30Nmの駆動用モーターを追加装備し、走行状況に応じた広範囲でのアシストを実施。高速道路へ合流する際などの加速時には駆動力をエンジンに上乗せする一方、低速時や60km/h以下でアクセルが一定の際のEV走行を可能にするなどして、燃費はマイルドハイブリッド車のJC08モード27.8km/Lから、同32.0km/Lへと約15%向上させている。

トランスミッションは、従来モデルのCVTよりも小型軽量かつ伝達効率に優れるセミATのAGS(オートギヤシフト)を採用。変速時のトルクギャップを駆動用モーターでカバーすることにより、AGS特有の変速ショックが抑えられているという。

走行モードは標準モードとエコモードの2つが用意され、前者はレスポンス重視の加速感のある俊敏な走り、後者はアクセルの踏み込み量に対して駆動力の発生を抑えたゆるやかな加速のエコドライブが可能になる。

フルハイブリッド専用デザインを採用

フルハイブリッドのエコ感を強調する専用インテリアとエクステリアを採用。フロントグリルのスケルトン部分にブルーメッキを施し、リヤコンビネーションランプおよびバックランプのレンズはブルークリアタイプに変更されている。また、左右のフェンダーとバックドアには「HYBRID」のエンブレムを配した。

インテリアではインパネ上部のアッパーガーニッシュをシルバーからブルーメタリックに変更。また、マルチインフォメーションディスプレイにエネルギーフローや瞬間燃費、タコメーターの表示を追加。さらにAGSの採用に伴いギヤ段表示も追加された。

安全装備はオプションで用意

ステレオカメラで歩行者やクルマを認識し、自動ブレーキによって衝突回避や衝突被害軽減をサポートするほか、誤発進抑制、車線逸脱警報、ふらつき警報、先行車発進お知らせなどの機能を搭載したシステム「デュアルカメラブレーキサポート」をオプションで用意している。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します