サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アメリカ最大のカスタムカーショーSEMA、今年のトレンドはなんと言ってもスープラ

ここから本文です

アメリカ最大のカスタムカーショーSEMA、今年のトレンドはなんと言ってもスープラ

ベスト・スープラはGReddy USAのドリフトマシン

11月5日から8日までの4日間、アメリカのラスベガスで開催されたSEMAショーの取材に今年も行ってきました。今年一番の話題といえば、なんと言ってもトヨタ・スープラ! 屋内外の展示スペースに総計約40台ものスープラが出展されていました。写真はアメリカのフォーミュラDで活躍するGReddy USAが製作したドリフトマシンで、パンデムのワイドボディキットを装着。ホイールは18インチのVolkRacing ZE40、ダンパーはKWの別タンク式レーシングサスペンションです。わずか2ヶ月の製作期間で作られたにも関わらず、他を圧倒する完成度を誇り、数ある車両の中からベスト・スープラのアワードを獲得しました(次のページは搭載エンジン)。

次のページ>>BMW製のB58型直6ターボをフルチューン