サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型NSXは初代NSXの進化型じゃない。サーキット試乗で見えた正体とは?

ここから本文です

新型NSXは初代NSXの進化型じゃない。サーキット試乗で見えた正体とは?

進化を続けるスポーツハイブリッドSH-AWD

もっともユニークで先進的な技術は、左右の駆動力配分=トルクベクタリングでスーパーハンドリングを実現した「スポーツハイブリッドSH-AWD」だ。2000年前半からホンダが手掛けてきた「SH-AWD」の進化版で、当時は電磁クラッチでトルクを振り分けていたが、「スポーツハイブリッドSH-AWD」では左右それぞれに配された「ツインモーターユニット(TMU)」で独立制御するため、「e-SH-AWD」と呼んでもカッコいいかもしれない。

「スポーツハイブリッドSH-AWD」はまず、「レジェンド(※2014年に北米で発売された「アキュラ RLX」の4WDグレード~)」のリア・アクスルで実用化された。搭載第2弾となるNSXでは、フロント・アクスルにツインモーターを配置することでハンドリング性能を高めている。モーターで旋回力をアシストする本格的なトルクベクタリングは自動車史でも画期的なことだ。将来はこうした機能にバイワイヤ・ステアリングが組み合わされて、“未来のスポーツカー”へと発展していくはずだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します