サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型NSXは初代NSXの進化型じゃない。サーキット試乗で見えた正体とは?

ここから本文です

新型NSXは初代NSXの進化型じゃない。サーキット試乗で見えた正体とは?

タイヤのグリップ限界をベクタリングで絞り切る

サーキットの走りをもう少しレポートしておこう。タイヤはサーキットで推奨される「ピレリ P ZERO トロフェオ R」が装備されていた。純正装着タイヤの「コンチネンタル スポーツコンタクト 5P」では、サーキットでのモーター・ベクタリングを活かし切るグリップ性能が足りないのかもしれない。逆に言うと、NSXはロードカーとしての快適性にもこだわっており、スーパースポーツを日常的に使うアメリカのニーズに合わせている。

フロントタイヤが限界に近づくとアンダーステア傾向を示すが、外側のタイヤにモータートルクを与えて旋回モーメントを発生させるので、まるで乾いた雑巾を絞るようなイメージでタイヤが酷使されてしまう。コンチネンタルの剛性ではマッチしなかったのだ。理想を言えば、快適性能と運動性能を両立したタイヤでサーキットも走れるように開発して欲しかった。タイヤを替える必要があるという点は少し理解に苦しむ。結局、モーター・ベクタリングの使い方がまだこなれていないのかもしれないと腹に落としておくが、車体やサスペンションの基本性能をもっと高める必要もありそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します