サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > MC版ルーテシアR.S.シャシーカップはスポーツと日常の妥協点が絶妙

ここから本文です

MC版ルーテシアR.S.シャシーカップはスポーツと日常の妥協点が絶妙

MC版ルーテシアR.S.シャシーカップはスポーツと日常の妥協点が絶妙

ルーテシアR.S. シャシーカップ

意匠変更のハイライトはチェッカードフラッグ型LEDランプ

現行ルノー・ルーテシア4の欧州デビューが2012年秋(日本発売は翌13年夏)であることを考えると、新しいルーテシア・ルノースポール(以下R.S.)は、いずれマニア間で「後期型」と呼ばれるモデルとなる可能性が高い。ルーテシア4そのものはフランス本国はもちろん、欧州全土でもベストセラー争いの一角を占めるヒット作となった。よって、ライフ最大の手直しであるはずの今回でも、その変更内容は、標準のルーテシア4同様に細部装備のアップデートにとどまる。

新しいルーテシアR.S.で公表されている変更点は、基本的には内外の意匠や装備のみ。なかでもハイライトは、R.S.最新ロゴが付いたフロントバンパーに内蔵のチェッカードフラッグを模したLEDランプで、それはデイタイムランプ、フォグランプ、コーナリングランプ、ハイビームランプ……などの機能が一体となったものだ。

今年秋のフランクフルトショーでデビュー予定の次期メガーヌR.S.も、先日のモナコGPにおいてデモ走行を実施した。そのときは全身カモフラージュ柄だったのだが、フロントバンパーには今回のルーテシアR.S.に酷似したチェッカードフラッグ型LEDランプユニットがあった。おそらく今後のR.S.各車はこのLEDバンパーランプを外観上のアピールポイントにしていくのだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します