サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 日産の“はたらくクルマ”と海外専用ピックアップにイッキ乗り

ここから本文です

日産の“はたらくクルマ”と海外専用ピックアップにイッキ乗り

日産の“はたらくクルマ”と海外専用ピックアップにイッキ乗り

中央のNV350キャラバンから時計回りに、ADエキスパート、AD、NV200バネット、NV350キャラバン、シビリアン、NV350キャラバン・ライフケアビークル、NT450アトラス、e-NV200、NV200ニューヨークタクシー、NV100クリッパー、NT100クリッパー

NV200バネットは少しもったいない

今回ビックリしたのは、2009年にデビューした「NV200バネット」。NYイエローキャブにも採用された5ナンバーのFFワンボックスだが、こちらは逆にシェア4割超と強い。

それもそのはず、この“プチハイエース”たる全長4.5m以内の商用ワンボックスは周りを見渡してもコレしかなく、その上乗って分かったが荷室は広くて高くて便利だし、プラットフォームがFFなので運転感覚も自然。廉価版は遮音材がほぼなく、音はうるさいものの軽く、1.6リッターガソリンでも十分走る。運転もことのほか楽しい。

ネックと感じたのは、ATで180万円台スタートの価格だ。これが170万円、いや150万円スタートだったらトヨタ・プロボックスやサクシードのユーザーを取り込んで、相当売れると思うのだが……。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します