サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型Eクラス試乗。自動運転+新世代の軽さでゴージャスの定義が変わる?

ここから本文です

新型Eクラス試乗。自動運転+新世代の軽さでゴージャスの定義が変わる?

新型Eクラス試乗。自動運転+新世代の軽さでゴージャスの定義が変わる?

E 200 アバンギャルド スポーツ

ドライブパイロットはテスラより大人しい制御

肝心の半自動運転を試すべくステアリング左下のコラムレバーを上げてドライブパイロットを作動させてみた。まずは高速で試したがどのスピードでも白線を認識するなりモニター下のステアリングマークが緑になり、前走車を認識すると前走車マークが緑になる。白線がハッキリしていて、前走車が近いとものの数秒で反応する。

あとは右足をアクセルペダルから離し、ステアリングをやんわりと握っていればOK。その時のスピードで白線に沿うか、前のクルマに従ってそのまま進む。この感覚はまさに「ザ・自動運転」だ。

とはいえステアリングを自動で操作する力やシャープさはテスラのオートパイロットの方が上で、日産のプロパイロットの方がグイグイ切り込む。メルセデスはクルマ全体の上品な味付けもあるのか、全体に大人し目だ。

注目の自動レーンチェンジことアクティブレーンチェンジングアシストだが、ウィンカーを左右どちらかに出し、2秒以上経過して隣にクルマがいないとゆっくりと車線変更する。これまたテスラより大人し目で穏やか。ちゃんと動くがギュンギュン作動している感じはない。

それと隣車線が前後3台分ぐらい開いている時にウィンカーを出してみたが結局入らなかった。微妙な位置関係もあると思うが、テスラより安全方向の設定とみた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します