サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アルファ ジュリアの走りは3シリーズに匹敵。残るはドイツに負けない先進感

ここから本文です

アルファ ジュリアの走りは3シリーズに匹敵。残るはドイツに負けない先進感

アルファ ジュリアの走りは3シリーズに匹敵。残るはドイツに負けない先進感

アルファロメオ ジュリア ディーゼル スーパー

ステルヴィオを見に来てジュリアを買う

今年4月、アルファロメオのスポーツセダン「ジュリア」に2.2Lディーゼルターボエンジンを搭載した「ディーゼル スーパー」が追加された。そのディーゼル スーパーと、2.0Lターボガソリンエンジンのハイパフォーマンスバージョン「ヴェローチェ」を乗り比べた。

試乗会当日、広報担当氏に「売れ筋は、SUVであるステルヴィオでしょう?」、つまりセダンは今そんなに売れないでしょう? という質問を投げかけると、「確かにステルヴィオ目当てに来店されるのですが、試しにとジュリアに乗ってみてジュリアを買われる方が多いんですよ」と教えてくれた。おぉ、なんと喜ばしいことだろう。このジュリアというスポーツセダンが持つ運動性能の高さをリクツじゃなく「楽しい」と感じ、迎え入れるユーザーがいるなんて。そう、ジュリアは現代においてめっきり数が減ってしまった、走りのセダンなのである。

最初にステアリングを握ったのは、4WDのガソリンエンジンモデル「Q4 ヴェローチェ」だ。搭載されるエンジンは2.0L直列4気筒ツインスクロールターボで、最高出力は280PS/5250rpm、最大トルクは400Nm/2250rpm。ベーシックな2.0Lターボ(同200PS/4500rpm、330Nm/1750rpm)に対して+80PS、+70Nmの出力アップが果たされていることから、イタリア語で速さを意味する「ヴェローチェ」の名前が付けられている。単純明快にして、なぜかカッコよく思えてしまうそのネーミングは、初代ジュリアのクーペから頂いたものだ。

そしてこのQ4 ヴェローチェ、ハンドリングが実にイタリア車らしい軽快感に溢れている。初代ジュリアになぞらえた砲弾式のメーターナセルやクラシカルにまとめられたインテリアの質感に対して、電動ステアリングのパワーアシストは意外なほど軽く、アクセルを踏み込めば低速からスムーズに速度を乗せて行く。この軽やかなエスコートだけでも頬が緩んでしまう。キザな感じがいい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します