サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 日本を意識した味付け… 新型クラウンの完成度

ここから本文です

日本を意識した味付け… 新型クラウンの完成度

日本意識への回帰

プレミアムカーなんて呼ぶより、高級車という言葉の方が相応しい。それがクラウンという存在である。もはや「いつかはクラウン」という時代ではないが、それでもこの名に絶大な安心感を見いだし、ずっと乗り継いでいるユーザーは未だ相当数居る。レクサスが登場しようが変わらない、変えられない確固たる世界が、そこにはあるのだ。

そんなクラウンも“ゼロ・クラウン”を名乗った先代では大胆な変革を断行した。V型6気筒エンジンを搭載する新しいプラットフォームの採用を機に、ショートオーバーハングやフォワードキャビンなど現代的なパッケージングを採用し、ダイナミクス性能を世界標準レベルに引き上げ、日本オリジナルの、しかし世界に出しても恥ずかしくない、まったく新しい高級車=クラウン像をつくり出してみせたのだ。

しかし、その変革は先に挙げたような長年のクラウン党の人達にとっては、必ずしも賛同できるものではなかったようだ。象徴的なのは乗り心地で、走りの良さが高く評価される一方で、特にロイヤル・シリーズの硬めの設定は、常に非難にさらされ続けた。

そんな先代について開発陣は「狙った方向性に間違いは無かった」と評価する。しかし新型では「アメリカやヨーロッパで戦うクルマではなく、日本のユーザーに向けたクルマである以上、最優先すべきは乗り心地だ」として、これまでにも増して「日本」を意識した味付けを行なったという。ステアリングやブレーキなどの操作感、内外装の設えといった部分についても話は同様。言ってみれば、急進的な改革を進めたゼロ・クラウンから、そこで得た世界基準の操縦安定性などは維持しつつも、既存勢力の支持を取り付けるために方向性をやや揺り戻したのが、新型クラウンと言えるのかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら