サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ソリオの新ハイブリッドに試乗。燃費以上にアピールしたいことがある?

ここから本文です

ソリオの新ハイブリッドに試乗。燃費以上にアピールしたいことがある?

ソリオの新ハイブリッドに試乗。燃費以上にアピールしたいことがある?

ソリオ バンディット ハイブリッド SV

サイズ拡大傾向とは一線を画す

全長3400mm以下で全幅1480mm以下――そう定められた軽自動車の枠をわずかながらも超えたサイズのボディに、やはり660cc以下と決められた排気量枠を外れた1リッター・エンジンを搭載。当時のベストセラー軽自動車でもあったワゴンRをベースとしながら、「コンパクトさを特徴とする普通車」として独自のキャラクターをアピールしつつ発売されたのが、1997年に誕生の、その名も「ワゴンRワイド」だった。

現在発売中の「ソリオ」は、その流れをダイレクトに受け継いだモデル。3710×1625mmという全長×全幅は、前出ワゴンRワイドに比べればさすがにそれなりに大型化。が、特に幅方向にはいわゆる5ナンバー枠の限界である1700mmに対して、まだまだ余裕がある大きさだ。

ボディサイズ拡大の潮流が止まらず、全長は短くても幅が広過ぎて日本の環境下では使い辛い…、と思えるモデルが増えつつあるのが世界的な傾向。そうした中にあって、その傾向とは一線を画した真のコンパクトさこそを売り物としている点が、このモデルのパッケージングで最大の特徴と言ってもいいはずだ。

そんな現行ソリオ・シリーズに追加されたばかりの最新バリエーションが、ここに紹介をするソリオのハイブリッド・モデル。今回テストドライブを行ったのは、より個性あるルックスを謳うバンディットだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します