サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 好調ジープの世界戦略車、新型コンパスの買いモデルはFFか4WDか?

ここから本文です

好調ジープの世界戦略車、新型コンパスの買いモデルはFFか4WDか?

好調ジープの世界戦略車、新型コンパスの買いモデルはFFか4WDか?

ジープ コンパス Limited

チェロキー、レネゲードに続いての刷新

新型コンパスは通算2世代目となる。初代コンパスはジープ初の横置きFFレイアウトを採用したクロスオーバーSUVで、米本国で2006年(日本では2012年)に発売された。

初代コンパスはもともと旧ダイムラークライスラー時代に開発・発売されたもので、その土台となったGSプラットフォームも三菱と共同で開発がスタートした。しかし、初代コンパスが北米で発売された直後の07年春にダイムラーとクライスラーは分離(三菱はそれ以前の04年にダイムラークライスラーを離脱している)。翌08年のリーマンショックを機に深刻な経営不振におちいり、09年に伊フィアットが資本参入。14年に完全子会社化されて、フィアットクライスラーオートモビルズ(FCA)が設立された。

フィアット傘下になってからのクライスラー系ブランドで、もっとも動きが激しいのがジープである。それも当然だろう。現在のクルマ業界は「なにはなくともSUV」だから、ジープにかかる期待は大きい。

フィアット傘下で、チェロキーはCセグメントSUVとして13年に刷新。アルファロメオ・ジュリエッタと血縁関係のある横置きFFレイアウトに移行した。そして14年にはその弟分にあたるBセグメントSUVとして、これまたフィアット主導で設計されたプラットフォームを使うレネゲードが登場した。こうして新体制のもとでCセグとBセグを相次いで世代交代させたジープは、この時点でコンパスの役割も終わったように思えたが、実際はそうではなかったということだ。

ジープ コンパスの中古車

ジープ コンパスの中古車情報をもっと見る

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

サイトトップへ

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

関連サービス

メールマガジン メールマガジン